世にも恐ろしい歯医者(゜Д゜;)

画像
前回、何故歯医者でこうもブルーになるのかといえば・・・の原因を作ってくださった(トラウマともいう)お話です。

むか~~~しw私が、転勤族?では無いのですが、新店舗展開を始める事になった訳は

「おまえは、こうやってだまって机に座っているタイプじゃないw」

と言って、人の希望も聞かず(まぁ、大抵は聞かないか?w)本社経理から、店舗の事務や、時には、店舗の新しい部門やコーナーを作っての販売?
その頃、3ヵ月に一店舗のペースで出店していたので、パートさんや社員に自分がやって、マニュアルを作って引き継ぐというのをやっていたので、とにかく休めない。拘束時間が長くなる。
そして、その地域に慣れないうちに、また他へ・・・・

そんなことを繰り返していたころです。
急に前に治療してあった歯が痛みだした。
痛み止めも日にちが経つにつれ効かなくなる。
思い余って、昼休みに近くの歯科医を探してさまよい、ようやく見つけた。

一戸建ての住宅街に、看板はあるものの、どう見ても普通のお宅に見える。
玄関?を入ると受付らしきものがあるが、人がいない。
上がり口から廊下が続いているのだが、受付の窓口が横になかったら、完全に普通のお宅の玄関である。

待合室?どこにも誰もいない。

・・・・・

帰ろうかな・・・・・

・・・・でも、歯が痛いし・・・・今日はレントゲンとって、痛み止めだけだろうけど、それが欲しい。

思い切って
「ごめんください。」

む~~~歯医者でごめんくださいはないよなぁ。。。

「すみませ~~ん」

もう一度叫んでみた。

すると、奥の方から割烹着を着た年配の女性がヒョコッと顔を出し
こちらにトコトコ近寄りながら

「お客さん??」

お客さん???・・・・・う・・・・帰りたいε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

もう一度、奥さんが

「患者さん?」

「あ・・はい。」

うぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。。。帰りたい!!ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

奥に走り出して

「おと~~さ~~ん、お客さん!!・・・患者さ~ん!」

ちょ・・・ちょ・・・・「もういいです。帰ります。」心の中で叫んだが、ビビり?遠慮がちな私の声にならなかった。

奥から、お父さん・・・・先生?が現れ、

「どうしました。」
「歯が2~3日前から痛くて・・・」


レントゲンを撮って・・・・
普通、痛いという歯と全体も撮るのに、痛い歯しかレントゲンを撮らない。
待っている間、診療室を見回すと・・・

消毒boxの所に、ずらっと並ぶ・・・・ペンチ・木槌・・・えええええΣ(|||▽||| )

そして、先生がスケッチブックを出しながら、かなり語尾の強い口調で講義をし始めた。
30分位聞いていただろうか・・・もう、頭蓋骨の中は涙が滝の様に流れ、胸に行き、そこからどんどん溜まり、目のあたりまで溜まってあふれ出そうだった。

結局、今日抜いてしまおうというのである。
以前、信頼する歯医者さんに聞いたことがある。
『痛い時は、すぐには抜かないで、痛みを沈めてから抜く』
『行ったその日に抜くことは、よほどの事がない限りしない』

と・・・

人の承諾もないまま、もくもくと抜くための準備をしている先生・・・
ん?何やら探しているようだけど・・・・

ちょっと奥の方へ行って

「おかぁさ~~ん、この間の麻酔の余りどこへやったっけ?」

ひぃぃぃぃぃぃぃヽ(;´Д`)ノ

奥さんもやってきて、何やら引出しをまさぐりようやく見つけた様子。
そして、注射器に吸い上げ、いきなりぐぐっと歯肉に刺す。

いた~~~い。。。。。

そして、しばらく待って歯にカンカンと。。。
私がびくっとする様子を見て、

「やっぱり足りなかったか・・・」

・・・・・・

「新しい麻酔どこやったっけ・」

もうやめて;;;;

まな板の鯉って、こういう状況なんでしょうね。

頭蓋骨の涙を目から出さないように必死で・・・唾液として出し、私はフリーズしたまま微動だにせず。
先生と奥さんが小さくもめながら作業を進めるのをじっと待ち、そして、治療を?受けました。

大きなピンセットを持ってきて、いきなり奥歯を抜こうと・・・・
なかなか抜けず、先生の息も荒く・・・私の頭がい骨は、歯と一緒にズルッと抜けて口から出てしまうんじゃないか??と思う程先生がピンセットを動かすたびに走る衝撃。

「なかなか抜けないなぁ。根が深いんだな。」

吐き捨てるように荒い息とともに言う

いや、それはレントゲンで確認しているんじゃ??

もう、すんなり歯が抜けてくれることを神に祈りながら不安と恐怖に溢れそうな涙を堪えていました。

やっと歯が抜け、処理をしてもらい精算を済ませ、お店に戻ると、私があまりに疲弊しているので、パートさんが心配して聞いてきた。

事情を話すと、

「あら~~~、あそこは誰も行きませんよ。わかっていたら、良い所を教えたのに・・・そうですか・・・大変だったでしょう?」



翌日、しょうがないので消毒をしにその歯医者へ・・・
相変わらず人が居ない・・・・

一週間後に差し歯を作る為の予約を取ったが・・・もちろん行かなかった。(/ω\)

それっきり、新店を転々としたので、そのままにしていたのだが、やはり他の歯が痛くなり、今度は地元のパートさんに聞いて行った。
そこは、評判どおりのお医者さんで痛くしない。
ちゃんと丁寧に説明をしてくれて、虫歯の初期のも見つけ綺麗に治してくれた。

そして、例の抜けたままの奥歯を見つけ、すっかり歯肉が堅くなってしまっているので、差し歯ではなくブリッジにする事になった。

「もう少し早くここに来てくれれば良かったのに・・・」

あい、もっと早くここを知っていたかった・・・・いや、あそこにいた時にはここには来れなかった・・・
他の所でも・・・・゚・(ノД`)・゚・


みなさん、新しい所へ行く時もそうですが、自分が行っている所に疑問を持ったら、周りの人に聞いてみるのが良いですよ。
それでも、人と人ですので、自分が納得の行く、信頼できるお医者さんに行きましょう。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まちゅ
2012年07月08日 22:56
歯の痛みというのは絶対に我慢できないよね(-_-;)
放っておくとどこが痛いのかさえ分からなくヾ(@⌒ー⌒@)ノ
たるぼん
2012年07月13日 15:21
まちゅ さま
歯は、キーンって痛みは、特定できるけど、ズキズキ痛みは、特定が難しいよね。
りんぱの痛みの時もあるしwww

なんにしても、放っておいてはいけないね(><)

この記事へのトラックバック